食物アレルギーの検査方法

血液検査自分の子がアレルギーかもしれない・・・

と少しでも不安に思ったらまずは検査することが大事です。

 

いったい何にアレルギー反応が出ているのか。

これがわからなければ、対応もできませんよね。

 

検査方法にはいくつか種類があります。

子供の月齢や年齢などでその方法も違ってきます!!

 

1:血液検査

本人の血液を採取し、数値やアレルギーのレベルなどを

調べることができます。


検査の項目は、自分で選ぶことができます。

一般的には、検査する病院の医師が

ある程度の項目(特定原材料5品目)をチェックしてくれます。

 

でも、他の項目のアレルギー数値なども

一緒に調べてほしい場合は

医師に相談すれば、一度の検査でしてくれます。

(医師や病院によって異なります)

 

検査結果は一週間程度でわかります。


血液検査の注意点

月齢が4カ月未満の場合、

(赤ちゃんの体重や成長過程によって異なります)

検査の結果が出にくいのでできません。

 

そんな場合は、次の検査方法があります。


2:パッチテスト

パッチテストというのは、皮膚に行う検査です。

主に皮膚科で行っていますが、小児科でもしてくれる場合が

ありますので、かかりつけの病院に

相談してみましょう。

 

こちらの検査方法は、皮膚に直接

アレルゲンを貼りつけて、腫れの具合を

チェックし、アレルギー反応を見る、というもの。


手の肘から下の内側に行うのが一般的。

一番皮膚の状態がきれいだからです。

 

パッチテストの注意点

手に直接貼って検査するため

一度にたくさんの種類を調べることができません。

また、皮膚の状態が悪い場合

皮膚炎が落ち着くまで塗り薬を塗って

ある程度治まるまで、待つ場合もあります。

 

3:プリックテスト

こちらは先ほどのパッチテストより

もう少し、検査の結果が出やすい方法です。

 

パッチテストは貼りつけるだけですがプリックテストはひっかきます。


ひっかくといっても血が出るほど深くひっかくわけではありませんので

御心配なく(#^.^#)


針の先ほどの器具にアレルゲン物質を付けて

肘の下の内側をひっかいて腫れの大きさを測ります。


パッチテストと同様に手の範囲が決まっている為

一度に調べられるアレルゲン物質はせいぜい5つ程度が限界です。

 

たくさんの項目を検査したいのであれば医師と相談の上

何回かに分けて検査します。


上記3つが一般的な検査方法です。

 

4カ月未満の赤ちゃんや貧血などがある

子供さんは、プリックテストをされることをお勧めします。


血液検査ができるお子さんでも両方の検査をした方が

数値やはれ具合などを比較することもできますよね!!

 


 

アレルギーと付き合っていくには、アレルゲン除去や
アレルギー対応食品を 上手く使って家事の負担を減らすことです。

アレルギーやアトピーはお母さんが勉強すれば、
それに伴って子供は回復していきます。
勉強しているお母さんに人気があるのが「大地を守る会」

取り扱い食材に24品目のアレルギー表示をしているので、
それ目的で利用する人が多いです。 有機農法で育てたおいしい野菜が
年中手に入るのも魅力です。

 


ミュゼ

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

サイト内関連記事

食物アレルギーの基本的な知識をわかりやすく解説
アレルギーと言っても、いろんな種類の物がありますよね!! ここでは、子供の食物ア......
子供の食物アレルギーの原因を紹介
では、なんで、食物アレルギーになってしまうのか? これにはいろんな説が言われてい......
子供の食物アレルギーの見極め方
次に、どうしたら、食物アレルギーがわかるのか?? 赤ちゃんや子供のサインを見逃さ......
食物アレルギーの検査結果が出たらどうする?
検査の結果、アレルゲン物質がわかり どうやって食事制限などしていったらいいのか?......

▲このページのトップへ

HOME

 

携帯版のQRコード

乳幼児の食物アレルギー、アトピー性皮膚炎の対処法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.shokumotuallergy.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。