食物アレルギー 児の離乳食の注意点

離乳食を与える母親6か月を過ぎてくるとそろそろ

直接食べ物を口にする練習を始めれますね。

その前に、食事作りに欠かせない注意点を紹介します!!

 

これで離乳食作りも失敗なしです(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

まず、まだ、離乳食の初期のころはすり鉢でおかゆを擦ったり、

茹でたイモ類やカボチャなどを裏ごししたり。

工程がたくさんあります。


 

そこで、調理器具について。

赤ちゃんの食事を作るとき大人のものと一緒についでに茹でたり

同じ鍋で煮込んだりして時間を節約しますよね。


でもアレルギーっ子はそれは禁物です。

その調理器具で、卵を混ぜたり、茹でたり

ボールでケーキを作ったりしたことがありますよね。

 

たとえきれいに洗っていても

アレルゲンはミクロンの世界で付着しています。

 

今まで母乳やミルクでアレルゲンが体に入ってくる量が

ごくわずかだったのに対し「食べる」ということは

計り知れない数値の違いなのです。

 

なので、まな板、鍋にフライパン、調理器具に

お皿、コップ。これらをすべて別々にする必要があります。

そこまでしなきゃいけないの??

と、思うかもしれませんが万全の対策です。

 

まな板も100円均一で小さいのや、プラスチックなどの

物がたくさん置いてあります。

プラスチック製のまな板を使う場合、普段のまな板の上に敷いて、

赤ちゃんのものを切ったりすれば、お金もかかりませんし場所もとりません。


調理器具も、100円均一ですべてそろいますので

万全の対策をお勧めいたします。

 

濡れても、はがれない名前シールも100均で買えますので

わかりやすく、印をつけとくと便利ですよ(@^^)/~~~

 

そもそもなぜそこまでしなけれないけないかといいますと・・・

数値が低い場合でも、ミクロンのアレルゲンを摂取し続けたとします。

 

すると、以前の検査で小麦は陰性だったのに

食べさせたらすごい湿疹。再び検査すると陽性。

になってしまうことはざらにあるのです・・・

 

アレルギーの数値というのは

基本的に、食べさせなければ、下がってきます。


重度のアレルギーの場合(アナフィラキーなど)

食べさせてなくても、どんどん数値が上がることはよくあります。

 

食べさせたら、発作を起こしてしまうので

食べさせてないのになんで??


原因は同じ器具やお皿などを使っていて

ミクロンの世界での摂取によるものだという例が少なくありません。

 

なので、はじめから万全の対策をしてください。

洗い物のスポンジももちろん、別々です。

はじめは面倒ですがすぐに慣れてきます!!

 

そして、食事をする場所。

大人と同じ食卓で食べさせる場合赤ちゃんのところに

かわいいランチョンマットやお気に入りのキャラの

タオルなどを敷いて、その上にお皿を置くようにする。

こうすることで、誤飲を防げます。

 

マットの範囲内だけでの食べこぼしは拾って食べてしまっても、大丈夫。

など、お母さんもわかりやすいですね=^_^=

こうすれば家族みんなで食事をすることもできます☆


たったひと手間増えるだけで楽しい、食事になりますよ(^J^)


いろいろ工夫してみてください!!

 


 

アレルギーと付き合っていくには、アレルゲン除去や
アレルギー対応食品を 上手く使って家事の負担を減らすことです。

アレルギーやアトピーはお母さんが勉強すれば、
それに伴って子供は回復していきます。
勉強しているお母さんに人気があるのが「大地を守る会」

取り扱い食材に24品目のアレルギー表示をしているので、
それ目的で利用する人が多いです。 有機農法で育てたおいしい野菜が
年中手に入るのも魅力です。

 


ミュゼ

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

サイト内関連記事

食物アレルギーで母乳育児の場合は除去食を
アレルギーだとわかったら!! 子供がまだ赤ちゃんで、母乳で育てている。 どうした......
食物アレルギーっ子の母乳育児の悩み、ストレス解消法
とはいっても、パンが食べたい・・・ 卵が食べたい・・・ケーキが食べたい・・・ な......
食物アレルギー乳幼児の離乳食の進め方
さて、母乳もひと段落。 いよいよ、食材や食物を直接、口に入れ 「食べる」というこ......
食物アレルギー幼児の離乳食の後期~完了期に入ったら
いよいよ完了期に入って、離乳食が終わる頃。 一般的には1歳頃ですね!! 食物アレ......
食物アレルギー育児の対応の落とし穴
毎日毎日、一生懸命、除去食作りに育児にと頑張っていても、 意外なことでそれが崩さ......

▲このページのトップへ

HOME

 

携帯版のQRコード

乳幼児の食物アレルギー、アトピー性皮膚炎の対処法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.shokumotuallergy.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。