食物アレルギーの子供を入れる幼稚園事情

幼稚園の風景保育園と違って、幼稚園は、学校に近い指導方針になります。

制服があったり、スモックや体操服などを購入したり。


保育園でも、体操服などを取り入れてる所もあります。

 

幼稚園の入所年齢は、3歳から3年保育です。

もちろん保育園同様、途中入園もあります。

幼稚園によっては2歳から入れる所もあります。

 

保育園との大きな違いは、お迎えや送迎などのバスがあります。

月々お金を支払えば、幼稚園バスで登園、降園でき、

お迎えなどの手間が省けますね。

 

そしてもう一つ違うのが、時間帯。

保育園の場合、私立ではAM8:00~PM4:00

延長はPM6:00まで。(園により異なる場合もあります)

公立では延長ではなくPM6:00までの保育が基本です。

(園により異なる場合もあります)

 

幼稚園は、昼食後に降園。大体、PM2:00頃には帰ってきます。

最近の幼稚園では、フルタイムで働いてる親御さんが多いため

延長も行っている所もあります。

 

お休みですが、幼稚園は学校同様の夏休み、冬休み、春休み

が設けられています。

夏休みは学校同様に1か月近くあります。

 


保育園でも休みはありますが、幼稚園ほど長い休みではありません。

連休最長でも1週間程度です。


肝心の、食事面。


幼稚園は業者からお弁当を取っている所が大半を占めます。

週に一度、おうちから持参のお弁当の日など

設けている所もあります。

保育園でも月に1度、遠足などで、お弁当の日もあります。

 

食物アレルギーっ子の場合、幼稚園では、

お弁当を、毎日持参してもらう。という園が多いです。

保育園同様に、誤食などの相談には応じてくれます。

指導方針などそれぞれの園によって、違いますので

こちらも問い合わせてみてください。

 

以上のように、保育園や幼稚園では、アレルギー相談は

十分聞き入れてもらえるということ。

中には嫌がられる所も、あるかもしれませんが

親切に対応してくれる所も、必ずあります!!

 

働く時間帯や預けたい時間帯。

保育料など各家庭に合った園を選びましょう。


アレルギーがあるからと言って、見てもらえないなど

悲観に思わず、探せば必ず見つかります!!

 

根気を持って探してみましょう(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

 


 

アレルギーと付き合っていくには、アレルゲン除去や
アレルギー対応食品を 上手く使って家事の負担を減らすことです。

アレルギーやアトピーはお母さんが勉強すれば、
それに伴って子供は回復していきます。
勉強しているお母さんに人気があるのが「大地を守る会」

取り扱い食材に24品目のアレルギー表示をしているので、
それ目的で利用する人が多いです。 有機農法で育てたおいしい野菜が
年中手に入るのも魅力です。

 


ミュゼ

 


このエントリーをはてなブックマークに追加  

サイト内関連記事

食物アレルギー幼児を預ける保育園事情
仕事を再開したい、又は家計の為に働きたいので 保育園や幼稚園などに預けたい。 で......
食物アレルギーの子供の保育園、幼稚園での悩み①
さて、保育園や幼稚園に預けることが決まった。準備も整った。 ここで心配になってく......
食物アレルギーの小児の保育園 幼稚園での悩み②
続いては、お外遊びなどの悩みです。 アレルギーがあって、皮膚にも湿疹などの心配が......

▲このページのトップへ

HOME

 

携帯版のQRコード

乳幼児の食物アレルギー、アトピー性皮膚炎の対処法:携帯版

携帯サイトは3キャリア対応です。

当サイトは携帯でもご覧頂けます。
携帯版サイトURL:
http://www.shokumotuallergy.com/m/
上のQRコードから読み取るか、URLをケータイに送信してアクセスしてください。